【お仕事】Make:リコーITソリューションズ「ガジェット研究会」インタビュー


メーカーのなかのメイカーを紹介する連載。第2回は、リコーITソリューションズのガジェット研究会の方々にご登場いただきました。

Make: Japan | 「THETAのために集めた人とガジェット」からすべてが始まった―リコーITソリューションズ「ガジェット研究会」メンバーインタビュー
http://makezine.jp/blog/2017/06/rits_gadget_lab.html

リコーITソリューションズは、ソフトウェア開発専門のリコーの子会社。なのでリコーブランドの製品にもいろいろ関わっています。

そしてリコーと言えばTHETA。THETAと言えばイノベイティブで大ヒットした製品としてだけでなく、その開発経緯の「特別さ」もたびたびニュースになっています。実は、リコーITソリューションズのガジェット研究会も、THETAによって生み出されたメイカーサークルでした。

先だっては親会社のリコーの決算が大きな減益だったため、カメラ事業を手放すのではとの報道がありました。また、ソーシャルでも「保守的で危機感が薄い」といった外聞が流れていました。確かに、全体の従業員が10万人を越える日本の大企業なので、保守的な部分は小さくないでしょう。

しかし、リコーの中の人たちはTHETAのような製品を生み出しただけでなく、ガジェット研究会のようなあいまいなグループの活動を支援したり、「つくる~む」という社内メイカースペースの先駆けであったりと、少しでも何かを変え、新しいものを生みだそうと腐心しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です