【お仕事】「まず、1台作り上げる」しっぽ付きロボットを生み出したユカイ工学に見る、これからのロボット開発者の適性

エンジニア向けの転職情報サイト「GeekOut」で、ロボットベンチャーのユカイ工学にインタビューしました。

今話題のしっぽロボ「Qoobo」についての話題を中心に、社長の青木さん、デザイナーの高岡さん、そして野生のロボットエンジニアの山田さんが考える、ロボットベンチャーで働くために必要なことを聞いてます。

取材していて一番印象に残ったのは、とにかく皆さんが楽しそうに仕事をしているところ。特にエンジニアの場合、仕事とそれ以外の切り分けが曖昧になってきて、それが既存の企業ではコンプライアンスとか就業規則とかとぶつかりがちというのは、オライリーでのメイカー×メーカーの連載でもたびたび出てくること。

そこをクリアする意味でも「楽しい」というのは大切なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です